ニュース一覧

基本的な検討材料 

ウーマン

押さえておくポイント

事務所の場所選びでは不動産屋で探す事がほとんどです。貸事務所は普通の賃貸住宅にかまえる事は不自然であり、お客からしても最初は不信がられます。貸事務所には専用のビル等がありますので、不動産屋で探す方が効率が良いです。不動産屋からは社員数や業種、そして家賃の希望などを質問されます。その為、希望する事や譲れない事はあらかじめ掲げておくと話がスムーズです。ではどういったポイントを押さえるのが良いのでしょうか。業種によりますが、自分の業種がお客の来訪を必要としている場合は立地やエリアを決めておく必要があります。交通の便やお客が多そうなエリアかも、下調べは重要です。貸事務所の広さも重要になります。狭いと圧迫感があり、広いと賃料が相応に掛かります。社員数やOA機器の設置スペース、相談室の有無で妥当な広さを不動産屋に伝える必要はあります。社員1人のワークスペースは1坪か1.8坪必要と言われているので、それを基準に検討すると良いでしょう。最後に設備です。貸事務所で募集しているビル等は、基本的な設備は備えています。一般的な賃貸住宅よりも電話回線の数や電気容量なども充実しています。それでも自社の条件に合わない場合もあるので、上記の事は確認しておく必要はあります。また上の階を借りる場合には、エレベーターの有無も検討材料の1つと言えます。以上の様に貸事務所探しでは、立地・面積及び設備は検討する上で基本になります。