ニュース一覧

郊外の物件の探し方

女性

情報収集と契約のコツ

郊外ではクリニックや学習塾などの進出が盛んになっており、賃料がリーズナブルな貸事務所への需要も旺盛です。しかし入居希望者が多い一方で、郊外では貸事務所の物件数が不足気味なので、様々なルートで信頼できる情報を集めることが重要です。特に首都圏周辺の物件に強い賃貸情報サイトで、最新の貸事務所の空室情報を見つけたうえで、個別の不動産会社に問い合わせるのが効率的です。またサイト内で保証金や賃料が明示されているケースもありますが、直接仲介業者と面会してから、値下げを前提に条件交渉を進めるのが理想的です。立地条件次第では値下げの余地が大きいので、郊外で貸事務所を探すときには、入居希望者が条件交渉をリードするべきです。物件数が少ない郊外エリアでも、用途別に最適な貸事務所を見つけるためには、妥協せずにじっくりと探す姿勢が肝心です。内科クリニックや歯科医院が物件を探す場合には、エレベーターや敷地内駐車場などの設備に注目するのがポイントです。古くなったビルを取り壊して再開発が行われるケースも多く、テナント募集前に入居条件を調べたり、水面下で動き始めるのが物件探しの裏ワザです。一方で学習塾などがベッドタウンの駅前で新規開校する時の基本は、坪当たりの賃料が割安な物件に目をつけることです。家賃などの固定費を抑制するのが学習塾経営のポイントであり、築年数にこだわらずに、リニューアルされたビルの中から選ぶのが良い方法です。