女の人

刺激に注意

固形石鹸

ピーリング石鹸を使うと古い角質を取り、綺麗な肌に生まれ変わることができます。ピーリング石鹸はAHAの濃度が低い低刺激のものから、濃度が高く効果が高いものまでいろいろ発売されています。初めてピーリング石鹸を使用するときは、あまり濃度の高くないピーリング石鹸から試すとよいでしょう。濃度が低くても、酸で肌の古い角質を落とす作用があるため人によっては刺激が強い場合もあります。肌が弱い人は、できればサンプルから試すのがベストでしょう。ピーリング石鹸を使用する頻度も大切です。基本的にピーリング石鹸を毎日使うのはおすすめできません。1週間に1回の使用から始めてみるようにしましょう。徐々に回数を増やしていくようにします。ピーリング石鹸は、よく泡立てます。泡が立ちにくいこともあるので、洗顔ネットなどを使いしっかりと泡立てます。初めに泡を乗せる部分はおでこやあごにします。皮膚が丈夫な部分から洗うことで刺激を防ぎます。泡で洗うように意識をして、肌をこすらないようにしましょう。ピーリング石鹸自体、通常の洗顔石鹸よりも刺激が強いものです。摩擦による刺激をなるべく与えないようにします。皮膚の薄いまぶたや唇に泡を乗せるのは避けましょう。泡で顔全体を洗ったら、泡を肌に乗せしばらくおきます。泡でパックすることによってより効果が出ます。泡を乗せているときに刺激を感じることがあるかもしれません。あまりに強い刺激であれば、すぐに洗い流します。ピリピリする程度であれば問題ありません。ピーリング石鹸に含まれる酸が古い角質を落としています。